〈文芸同結成60周年記念舞踊公演〉統一時代切り開く決意胸に/文芸同神奈川舞踊部


地域活性化の基盤づくり

次世代の決意が込められた文芸同神奈川舞踊部の群舞「ハナ」

北南首脳が互いに手をとり板門店で共同宣言をした昨年の「4.27」。それは、分断時代を生きてきた在日同胞たちにとっても、新たな統一時代の幕開けを感じさせる歴史的な一日となった。今年、文芸同神奈川舞踊部が満を持して披露した群舞「ハナ―統一時代の幕開け―」は、多くの同胞たちが歓喜した「4.27」を胸に刻み、同胞社会を守り一層盛り上げていきたい、そんな次世代の決意が込められた作品だ。

「文芸同60周年を迎える記念すべき今年に舞踊公演が神奈川で開催されると知ったとき、私たちの決意を込めた作品を創りたかった」と話すのは創作を担当した安未来さん(30)。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ