民族にこだわり、青春を捧げる/留学同京都総合文化公演2018「春の先駆者」


公演は大盛況を収めた

1948年教育闘争70周年記念留学同京都総合文化公演2018「春の先駆者」が2月18日、京都市国際交流会館で行われ、総聯京都府本部・金尚一委員長をはじめとする同胞、日本人士ら約300人が足を運んだ。

現在、「高校無償化」制度からの除外や地方自治体の補助金打ち切り等、日本政府の弾圧に抗する闘いの現場では、「人間の尊厳」や「教育の機会均等」などを要求する声が飛び交う。民族学校、外国人学校の教育内容は、当事者が決めること。居住国の公権力が介入すべきものではないという当たり前のことが認められないゆがんだ社会を前にしてーー。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ