共闘誓う日本市民の声/「朝鮮学校の子どもたちに学ぶ権利を! 全国集会」


「日本社会の責任」「朝鮮学校知らせたい」

集会に参加した日本市民は、一様に朝鮮学校差別の不当性を訴えながら、あらためて共闘を誓っていた。

日本市民、同胞らが参加して行われた全国集会

東矢高明さん(53、杉並区役所職員、阿佐ヶ谷朝鮮学校サランの会会員)は、「大阪地裁の判決は画期的ではあるが、むしろ当然の判断で、東京は紛れもなく国に忖度した判決だった」としながら、「東京第9の支援活動に携わっており、児童、教職員、保護者の学校への思いには尊敬の念すら覚える。民族教育の素晴らしさを知ってもらうため、周辺に呼びかけていきたい」と語った。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ