“東京五輪への第一歩”、朝大生が世界空手選手権に出場/朝鮮空手界で初めての世界大会に


高智蓮選手

朝大空手道部の高智蓮選手(体育学部2年)が10月25日~29日にかけてスペイン・テネリフェ島で行われる「第10回世界ジュニア・カデット・U21空手選手権大会」に朝鮮代表として出場する。朝鮮代表が世界空手連盟主催の世界選手権を含め、空手の世界大会に出場するのは初めてのこととなる。今年5月、マカオでの「第7回東アジア空手道選手権大会」で銅メダルを獲得した高選手は、今大会では21歳以下の部で女子組手61㎏以下級に出場する。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ