共に闘う日本人


春夏秋冬高校無償化の対象から朝鮮学校だけを排除したのは違法だとして、東京・愛知・大阪・広島・福岡で国を相手取った裁判闘争が繰り広げられている。

▼13日の東京地裁の判決は、原告側の訴えを全面的に棄却するひどいものだった。7月に言い渡された広島の判決が「司法が差別を容認」したなら、東京のそれは国側の朝鮮学校に対する「差別を後押し」するものとなった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ