〈関東大震災94周年〉「血の教訓」を後世に/さいたま市・常泉寺


焼香を行う埼玉初中の生徒たち

総聯埼玉中部支部による関東大震災後に虐殺された同胞犠牲者の追悼行事が9月1日、さいたま市の常泉寺で行われ、総聯支部の姜明虎委員長をはじめとする同胞、日本市民、埼玉初中の中級部3年生ら59人が参加した。常泉寺には大宮で虐殺された朝鮮人青年、姜大興さん(当時24歳)の慰霊碑がある。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ