〈本の紹介〉出雲を原郷とする人たち/岡本雅享著


海の道のフロンティア

神話の地・出雲から遠く離れた列島各地に、出雲という地名や神社が数多く存在するのはなぜか? 全国の「出雲」を訪ね歩くとともに、神話・伝承・考古学・郷土史を博捜し、「海の道」をメインに各地へ伸びた出雲文化の広がりを解き明かす異色の書が誕生した。出雲は宍道湖と中海(なかうみ)の周辺に栄えた土地だ。日本の古代史はこの土地を抜きにしては語れない。それゆえに多くの人々が書物を残している。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ