高句麗古墳群 新たに発掘/黄海北道鳳山郡天徳里で


天徳里で見つかった古墳群全景

天徳里で見つかった古墳群全景

朝鮮の社会科学院考古学研究所の発掘グループが黄海北道鳳山郡天徳里で規模の大きい高句麗古墳群を新たに発掘した。

古墳群は天徳里の里庁舎から北東に2kmほど離れた丘にあり、185㎡の区域内におよそ30基に達する古墳が4列に整然と並んでいる。個別の古墳が古墳区域外で発見されたことから、元々は数百基の古墳が集中していた大規模な古墳群であったと見られる。

墳丘は、大部分が直径10m、高さ2mほどで、最も大きいものは直径17m、高さ2.4mほどで、それぞれの間隔は10~20mほどである。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ