第12回KAWASAKI大交流祭、約1500人でにぎわう


文化が異なっても、同じ人間/「朝鮮学校の存在初めて知った」

第12回「KAWASAKI大交流祭」(主催=同実行委、川崎初級、南武初級、後援=川崎市、公益財団法人川崎市交流協会)が4日、川崎初級で行われた。

金貴龍実行委員長(川崎地域青商会会長)をはじめとする同胞スタッフと舞台出演者、同胞、日本市民をはじめとする来場者など約1500人でにぎわった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ