〈朝鮮新報創刊70年・記者が語る歴史の現場 3〉帰国事業/韓桂玉


第1次帰国船が新潟港を出港し、祖国に向かった(59年12月14日)

第1次帰国船が新潟港を出港し、祖国に向かった(59年12月14日)

「マンセー(万歳)!」「マンセー!」…1959年12月12日午前9時20分、祖国ー朝鮮民主主義人民共和国からやってきた帰国第1船を迎えた新潟埠頭は、歓喜と感動のるつぼと化した。

「私たちには祖国があった。祖国が私たちを迎えに来てくれた!」帰国する高齢者が帰国船をなでながら、涙していた情景を昨日のことのように鮮明に思い出す。在日朝鮮人が東海を越えて社会主義祖国と一つに固く結ばれた太い絆を実感した歴史的な出来事であったと言えるだろう。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ