18年間の生き方を表現/神戸朝高生の美術作品 阪大で常設展示


今年度の第43回在日朝鮮学生美術展覧会で金賞を授賞した神戸朝高生、呉世蘭さん(3月卒業)の作品「ⅩⅧ」が大阪大学の未来共生プログラム文理融合型研究棟6階ホールに常設展示されることになった。朝鮮学校の生徒の美術作品が国立施設に常設展示されるのは初めてのこと。16日、同大学で呉さんと保護者、神戸朝高教員らと、多文化共生社会を実現させるためのリーダーを育て上げることを目的とした未来共生イノベータープログラムの教員、大学院生による交流会が行われた。

大阪大学で行われた交流会の様子

大阪大学で行われた交流会の様子

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ