〈京都襲撃事件〉最高裁決定に関し弁護士、保護者らが記者会見


特派員、ジャーナリストらに啓発

京都朝鮮1初級学校(当時)への「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と会員らによる襲撃事件に関する最高裁決定(昨年12月9日付)は、在特会と会員らに損害賠償の支払いを命じる判決を下した。これに関し、朝鮮学校側の弁護士、保護者らが2月26日、日本外国特派員協会で記者会見を開き、裁判の教訓などについて述べ、外国人特派員やジャーナリストらの啓発を促した。

日本外国特派員協会で行われた記者会見

日本外国特派員協会で行われた記者会見

壇上では弁護士の冨増四季さんが主に英語で発言した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ