Facebook

SNSで共有

〈関東大震災91周年〉神奈川・久保山墓地で関東大震災犠牲者を追悼

「国家と民衆の責任を明らかに」

7日、神奈川県横浜市の久保山墓地内にある「関東大震災殉難朝鮮人慰霊之碑」前で関東大震災時朝鮮人虐殺91年神奈川追悼会(主催・関東大震災時朝鮮人虐殺の真実を知り追悼する神奈川実行委員会)が行われた。総聯中央の陳吉相権利福祉局長、総聯神奈川県本部李栄勲委員長をはじめとする活動家、同胞、朝鮮学校生徒、日本市民ら100人以上が参加した。

関東大震災殉難朝鮮人慰霊之碑

関東大震災殉難朝鮮人慰霊之碑

実行委員会の小黒忠彦副代表が開会のことばを述べた。副代表は関東大震災時の朝鮮人虐殺は流言飛語に惑わされた自警団が行ったというのが通説だが、それには政府、警察も深く関与していたということ、このような歴史的事実と正面から向き合わないばかりかそれを美化しようとする動きまであること、当時の朝鮮人虐殺というのは日本による朝鮮の植民地支配と深く結びついていた事実を強調しながら「この場を犠牲者を追悼し、学び考える場にしていきたい」と語った。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)