Facebook

SNSで共有

朝鮮学校支援の熱いエール/2014年千葉県朝・日友好の集い

23日、船橋市内のホテルで行われた「2014年千葉県朝・日友好の集い」では、公的な差別を強いられている朝鮮学校を、在日同胞と良心的な日本人が協力して支え合っていくことの大切さが語られた。

講演に立った朝鮮大学校の任京河教授は、各地で裁判闘争にまで発展した「高校無償化」制度からの朝鮮学校除外の経緯を振り返るとともに、各地方自治体が補助金の支給有無を振りかざして教育内容に干渉していると指摘。また、日本社会で大きな問題になることなく制定された「改正私立学校法」(4月2日施行)について言及し、運用次第で公立・私立を問わずすべての学校教育に対する行政のコントロールが一層強化されることになると警鐘を鳴らした。

任教授は今後の課題として、社会的少数者である在日朝鮮人だけでなく広く日本人が民主主義の危機的状況に対する認識を共有することが大切であるとしながら、朝・日の草の根の連帯こそが在日同胞、朝鮮学校を取り巻く状況を改善する源泉になると述べた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)