〈取材余話〉真の友人として、守る


2002年の9.17以降、日本列島の風景は一変した。それを辺見さんは、翌年1月の福岡での講演会で、「マスコミあげての洪水のような北非難が続いている。感情的、情緒的な北朝鮮暗黒帝国物語の垂れ流し。これが異論をさしはさむのを許さない危険な空気を醸している」「チマ・チョゴリの朝鮮学校生徒たちに石をぶつける。小突くといった暴力。各県の朝鮮総聯事務所への脅迫電話。WBCスーパーフライ級世界王者洪昌守のホームページに『北朝鮮に帰れ』などという書き込みをする。いわば、民族排外主義的声がこの国の古井戸の奥底から噴出してきた。これほど恥ずべきことはない」と批判した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ