〈本の紹介〉内田雅敏著/想像力と複眼的思考


現状への毅然たる抗拒の姿勢

著者は日本敗戦の年に生まれて、戦後の歴史的変遷を生きてきた、硬骨の弁護士である。

「法律とは条文通りの解釈をすべきでなく、その根底に流れる心である」とする著者のモットーにまず注目したい。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ