新型乗用車「口笛」が人気


技術革新で低燃費な新型モデル開発、平和自動車会社

展覧会に出品された新型の「口笛」

朝鮮の平和自動車会社は第16回平壌春季国際商品展覧会に30余種の新型自動車を出品した。

関係者によると国内での自動車需要の急増に対処して、今後、系列生産する主力車の選定を目的に新型モデルを開発したという。

今回の展示会でもっとも人気を集めた車種は「口笛(フィッパラム)」2005、2009型である。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ