「地下核実験に成功」/朝鮮中央通信社報道


自主権守るための対応措置

朝鮮中央通信によると12日、朝鮮の北部地下核実験場で第3回地下核実験が成功裏に行われた。報道の詳細は以下のとおり。

核実験は、朝鮮の合法的な平和的衛星打ち上げの権利を乱暴に侵害した米国の暴悪非道な敵対行為に対処して、国の安全と自主権を守るための実際の対応措置の一環として行われた。

以前とは違って、爆発力が大きいながらも小型化、軽量化した原子爆弾を使い高い水準で安全かつ完ぺきに行われた今回の核実験は、周囲の生態環境にいかなる否定的な影響も与えなかったということが確認された。

原子爆弾の作用特性と爆発威力などすべての測定結果が設計値と完全に一致されたことにより、多種化されたわが核抑止力の優れた性能が物理的に誇示された。

今回の核実験は、宇宙を征服したその精神、その気迫で強盛国家の建設にこぞって立ち上がったわが軍隊と人民のたたかいを力強く鼓舞、激励し、朝鮮半島と地域の平和と安定を保障するうえで重大な契機になるであろう。

(朝鮮新報)