Facebook

SNSで共有

〈U-20女子W杯〉17日間滞在、選手と同胞をつないだ「肉親の情」

”祖国を肌で感じた”

20歳以下のサッカー朝鮮女子代表選手が、日本で行われたU-20女子W杯(8月19日~9月8日)に出場し、ベスト8の成績をおさめた。8月16日~9月1日まで兵庫県と埼玉県に滞在した選手たちは、異国の地で力強く生きる在日同胞の姿を初めて目の当たりにした。そして、同胞が声援を送り続ける姿に感動し、感謝の言葉を並べ涙を流した。17日間の滞在期間、選手と同胞たちは固い絆で結ばれた。

*************************************

※この続きは会員になれば閲覧できるようになります。

 会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

 会員登録ご希望の方は、「新規会員登録」にてご登録をお願いします。

 大変申し訳ございませんが、2013年4月20日までに会員登録をしていただいた方も、再度ご登録をお願いいたします。

 パスワードを忘れた場合、「会員パスワード紛失窓口フォーム」をご覧ください。

*************************************

로그인(ログイン)