群馬県で強制連行犠牲者を追悼、「記憶 反省 そして友好」追悼碑


追悼碑建てた市民の思い広め

日本の植民地時代に強制連行され過酷な労働を強いられて群馬県内で犠牲になった朝鮮人を追悼する集会が4月21日、群馬県立公園「群馬の森」にある「記憶 反省 そして友好」の追悼碑の前で行われた。「追悼碑を守る会」が主催。同胞、日本市民ら約160人が参列した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ