社協がシンポジウム主催/地位獲得運動の方法示す


在日本朝鮮社会科学者協会(社協)主催のシンポジウム「在日同胞の歴史的課題解決と地位獲得運動」が12日、朝鮮出版会館で行われ、総聯中央の高徳羽副議長と社協中央の金和孝会長をはじめとする理事、会員たち、専従活動家や同胞など90余人が参加した。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ