〈人物で見る朝鮮科学史 39〉朝鮮王朝文化の幕開け(3)


火薬を製造した崔茂宣の息子、海山

改良された火車の復元模型

改良された火車の復元模型

権近が推挙したもう一人の人物、それは独自に火薬を製造した崔茂宣の息子・崔海山(1380~1443)である。崔茂宣の火薬武器が倭寇の撃退で大きな威力を発揮したことはすでに述べた。その時、大きな功を挙げた人物が李成桂で、当然、何らかの関係があったと思われるが、朝鮮王朝建国時における崔茂宣の動向は知られていない。

崔茂宣は1395年にこの世を去るが、妻に息子が大きくなった時に伝えてほしいと火薬の製造法を記した「火薬修練法」を残していた。これを学んで崔海山も火薬の専門家に成長し、権近の推挙を受けることになるのである。ということは、その間の事情を知るほど権近と崔茂宣は親しい関係にあったということであるが、その一端を示す事実として1380年の鎮浦海戦の勝利を祝した「賀崔元帥茂先破鎮浦倭船-公始作火砲」という権近の詩が残されている。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ