〈生涯現役〉在日朝鮮人-愛と闘いの物語/同時代社から出版


本書には25人の在日同胞の半生が綴られている。

2年前から本欄で連載されてきたシリーズ「〈生涯現役〉」がそのまま書名になった。なお、2002年、朝鮮青年社から刊行された「生きて、愛して、闘って」の続編に当たるもの。

本書は難しい社会問題の教科書ではない。一人約6ページ、全体で225ページほどの本書を読み終えるあいだに、おそらく読者は胸を詰まらせ、目頭を熱くさせることであろう。単なる歴史の証言ではない、心の叫びが凝縮して映し出されていると思う。

植民地時代、日本に渡り、様々な苦難を経ながらも、自らの手で運命を切り開いてきた在日1世たち。

とりわけ、歴史に名をとどめることのない普通の女たちの奮闘記は読者の胸を焦がすだろう。キムチ漬け一筋に60年。いまでは、日本人の胃袋に根を下ろし、その食生活を変えてしまった東京都足立区の韓福順さん(74)と京都の李連順さん(70)。商売が軌道に乗るまでの泣き笑いの秘話は、たくましくおおらかな人間の物語として伝わってくるはずである。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ