〈ウリ民族の姓氏-その由来と現在 18〉後に移住してきた金海金氏/種類と由来(5)


金海金氏の始祖伝承は、「三国遺事」の「駕洛(カラク)国記」に直結する。物語はこうである。

はるかな昔、金海地方(いまの慶尚南道金海)に9つの村があり、7万5千人ほどの人々が住んでいたが、ある年の厄よけの日、北側の亀旨峰(クジボン)から不思議な声が聞こえてきた。

そこで大勢の村人たちが峰の下に集まると、どこからともなく、「天神がわれに、この地の王になれと命じた。汝ら頂きを掘り、『亀よ亀よ、首を出せ。出さずば焼いて食らうぞ』と歌え」というお告げがあった。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ