〈ウリ民族の姓氏-その由来と現在 12〉小説に現れた朝鮮文字の姓/起源と変遷(10)


1392年7月、高麗の恭譲王(コンヤンワン)を退位させた李成桂(リ・ソンゲ)は、自ら王位に就いて国号を「朝鮮」と改め、その翌年、首都を開城(ケソン)から漢陽(ハニャン)へと移した。

以来約500年、朝鮮王朝(李朝)は儒教的統治理念に基づく封建支配体制を維持したが、姓氏を持つというすう勢はさらに加速されていった。

それはまず、李朝政府が初期から積極的な良人(リャンイン)拡大政策をとり、前代には最下層の身分であった奴婢(ノビ)らも良人層に含めていく施策をとったからである。

***************************************

※この続きはログインすれば閲覧できるようになります。

会員の方は、右か下にある「ログイン」項目にてログインしてください。

会員登録ご希望の方は、画面右上にある「会員登録」をクリックしてください。

ログインフォームへ